あるがまま



そのまんま でいいんだ


あるがまま でいいんだ





そんな風に思える、とっても素敵なお話

    


ネット上で出会った方に 

教えていただいたのです・・・・感謝 m(_ _)m

________________________________________

【小さな物語】(作者不明 菅原裕子訳)
________________________________________





インドのある水くみ人足は、



2つの壷(つぼ)を持っていました。







天秤棒(てんびんぼう)のはしに、



それぞれの壷(つぼ)をさげ、







首のうしろで


天秤棒を左右にかけ、





彼は水を運びます。







その壷の一つには、



ひびが入っています。







もう一つの完璧な壷が、



小川からご主人さまの家まで






一滴の水も



こぼさないのに、






ひび割れ壷は、



人足が水をいっぱい



入れてくれても、






ご主人さまの家に



着くころには







半分になって



いるのです。








完璧な壷は、



いつも自分を



誇りに思っていました。









なぜなら、



彼が作られた

その本来の目的を、





常に達成することが

できたからです。









そして、ひび割れ壷は、

いつも自分を恥じていました。




なぜなら、彼は、



半分しか達成することが

できなかったからです。




二年が過ぎ、




すっかり

みじめになっていた

ひび割れ壷は、




ある日、

川のほとりで



水くみ人足に

話しかけました。






「私は自分が恥ずかしい。



そして、


あなたにすまないと

思っている。」






「なぜそんな風に思うの?」


水くみ人足は言いました。





「なにを恥じてるの?」





「この2年間、私はこのひびのせいで、

あなたのご主人さま の家まで水を

半分しか運べなかった。






 水がもれてしまうから、



あなたがどんなに努力をしても、


その努力が報われることがない。


 私は、それがつらいんだ。」





壷は言いました。









水くみ人足は、



ひび割れ壷を気の毒に思い、



言いました。









「これから



ご主人さまの家に帰る途中、



道端に咲いている


 きれいな花を見てごらん。」








天秤棒にぶら下げられて



丘を登っていくとき、








ひび割れ壷は



お日さまに照らされ



美しく咲き誇る道端の花に


気づきました。









花は



本当に美しく、







壷はちょっと



元気になった



気がしましたが、








ご主人さまの



家に着くころには、









また水を半分漏らして



しまった自分を 恥じて、







水くみ人足にあやまりました。









すると、彼は言ったのです。









「道端の花に気づいたかい?




 花が君の側にしか



咲いていないのに気づいたかい?







僕は、君からこぼれ落ちる



水に気づいて、君が通る側に




 花の種をまいたんだ。





 そして君は毎日、



僕たちが小川から帰るときに



水をまいてくれた。







 この2年間、



僕はご主人さまの食卓に



花を欠かしたことがない。









 君があるがままの



君じゃなかったら、







ご主人さまはこの美しさで


 家を飾ることはできなかったんだよ。」



・・・・・・・・・・・・・・・・・・







実は、自分が欠点だと



思っているところが、







人から 見たら



ステキなところ



なのかもしれません。








そんなところが、



人を幸せにしています。









自分が知らないうちに。






そして、人はそんなところに



気づいていたりします。








そういう風に、



自分にも人にも







接してあげられたら



いいですね。






■■■■■■■■■■■■■














僕は、この話を伝えてくださった

人との出会いに、感謝しています。









posted by 幸AAA at 06:36 | Comment(10) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする